2015年11月20日

ハコニワ食堂

 北軽井沢の信号前に4WAY北軽井沢という雑居店舗があるんですが、そこにある店は、よく潰れるので今まで取材は控えていました。以前はカレー屋イエローフォックスがあったんですが、ここも取材後に潰れましたし、そこにハコニワ食堂がオープンしたのは知っていたのですが、どうせ潰れるんだろうなあと思っていたら、善戦している。以前、火山学でお世話になったことのある群馬大学の早川教授もツイッターなどで「ボンヴィボンの再来」などと大げさに絶賛しているので、本当かよ?と思いながらも、半信半疑ででかけてみました。不味かったら紹介しないつもりで。

15-1118-p12.JPG

15-1118-p13.JPG

15-1118-p03.JPG

15-1118-p02.JPG

15-1118-p05.JPG

 で、実際に食べてみたらビックリ。
 というより、まさかの腕。
 調理人なら分かるかと思いますが、
 かなりの腕です。

 もちろん一人でやっているので、メニューは少なめで、サービスなど行き届かないケースもあるし、店内の内装も、盛りつけも決してオシャレというわけではないけれど腕は確か。東京の一流店にいてもおかしくない腕。素材に対する目利きもよく、味に関しても私ごのみの薄味。それでいてオリジナリティーのある味。盗みたい味です。

15-1118-p11.JPG

 注文したのは、豚のステーキ980円と、鳥のステーキ880円。

15-1118-p04.JPG

 好みに合わせて、ワサビ・塩・胡椒も皿のふちについています。
 これなどは見てくれよりも食べるときの
 御客さんの遊び心を重視したためかもしれませんね。

15-1118-p06.JPG

これは鳥のステーキ。
肉の下には、絶妙に味付けされた野菜がたくさんあって、
それが肉の旨味をひきだしていて、
すごく美味しいのだが、基本的に薄味。
素材中心主義なのかもしれない。

15-1118-p07.JPG

これは豚のステーキ。
やはり下に野菜がたっぷり。

15-1118-p08.JPG

 しかし、驚いたのがスープ。
 うまい。
 美味すぎるので真似したいけれど、
 ちょっとレシピがわからなかったです。

15-1118-p09.JPG

 軽井沢や北軽井沢には、オシャレな店は多いのですが、ここはそういう店では無くて、大衆食堂ぽい。大衆食堂に、腕は間違いなく一流のシェフがいるという感じ。もったいない。もったいなすぎる。ホームページも作ってないようだし、知られてないがために、損をしていると思いましたね。

15-1118-p10.JPG

 マスターは、意外に若い人。話し好きで、だれとも気さくに世間話をするので旅好きな人なら相性はいいはずです。彼は3年やって駄目なら店をたたむと言っていましたが、こういう人材を北軽井沢から去らせてはいけないと思ったので、今後、北軽井沢ブルーベリーYGHは、この店を一押しにします。たのむから頑張ってください!


377-1412 吾妻郡長野原町北軽井沢1988-75 4WAY北軽井沢108
http://ameblo.jp/chantakeuchi/



posted by 風 at 07:27| 北軽井沢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

にわとり食堂

にわとり食堂
 ごぞんじ『ちゃたまや』の食堂です。
 スーパーツルヤ・軽井沢のレストランやホテルで使われ続けている卵の生産農家です。

15-1118-14.JPG

『ちゃたまや』とは、今や世界的に有名になった小諸の養鶏場です。ここを有名にしたのは「えるごらん命」という玉子。天然抗酸化物質「エルゴチオネイン」を高濃度に含んだ世界初のたまごを開発ししましたが、これが「えるごらん命」という卵です。その抗酸化力は、ビタミンEの7000倍。東京海洋大学大学院の大鳥敏明教授とちゃたまや社長の滝沢栄喜が3年書けて共同で開発し、アミノ酸の一種であるエルゴチオネインという地球上で一番強い抗酸化作用がある栄養素を世界で初めて卵に高含有量を移行させることができました。エルゴチオネインはビタミンEの7千倍の抗酸化作用があります。体内の活性酸素を消す効果や髪の毛が抜けるのも抑える効果や、メラニンを抑えるので美肌効果もあります。まさにアンチエイジングな卵です。

 ちなみに「えるごらん命」は、卵の黄身につまようじ10本立んですよね。その実験をしたブログがあるので、ちょっとのぞいてみてください。

http://shop.plaza.rakuten.co.jp/auc-machhurrier/diary/detail/201503260000

 どうでした?
 凄い卵ですよね。
 だから手に入りにくいし、値段も1個150円というびっり価格。

15-1118-12.JPG

 話がそれました。
 にわとり食堂です。
 ちゃたまやのにわとり食堂に行ってきたんですよ。
 これが、その建物です。

15-1118-01.JPG

 で、嫁さんが注文したのが、にわとりセット680円。
 茶碗蒸し・おひたし・卵焼き・焼売・鶏そぼろ。
 おひたしには、鰹節ならぬ鳥節がかかっていました。
 茶碗蒸しにも鳥とつくね。
 卵焼きは、上品な味です。
 とりそぼろには「えるごらん命」です。
 一個150円の卵がのっている。
 最強のアンチエイジング定食です。

15-1118-02.JPG

15-1118-03.JPG


 ちなみに私が注文したのが親鳥白湯ラーメン+そぼろ丼セット1100円。「えるごらん命」のそぼろ丼に親鳥白湯ラーメン。この親鳥白湯ラーメンが美味しい。あっさり味なのに癖になる。もう1杯食べたくなるんですよ。ああ、思い出しただけで腹が減ってきました。


15-1118-04.JPG

15-1118-05.JPG

15-1118-07.JPG

15-1118-06.JPG

 ちなみに私は、美味かったら「美味い」と店員さんに伝えます。支払いの時に「うまかったよー」と絶賛して店の写真を撮っていたら店内から業者さんらしきブルーのつなぎを着た男が出てきたので、てっきり店に来る常連さんだと思いこんで
「ここの店、うまいよねえ」
と馴れ馴れしく言ったら、ちゃたまやの社長だった・・・・orz。しかし腰の低いおっさんにしか見えない社長だったので、ずうずうしくも写真をとらせてもらいました。

15-1118-13.JPG

「鳥にこだわったメニューだねえ」
「なにせ7万羽飼っていますから、卵も鳥も材料のすべて、うちの製品です」
「1品1品こだわっているよね。知り合いに拡散しとくよ。社長は、東京の人なの?」
「親父が移住組で、私は二代目です」

 先代は、農水省、東京農工大、農業高校の教員として仕事をしていたらしいのですが、農業高校の教員になってから4年ぐらいで眼を悪くして続けられなくなってしまいました。そこで今まで生徒に教えていた農業を自分で行うことにし、最初は鶏3千羽、豚5頭、りんご、シイタケから始めて7年間かけて何で生計を立てていくか見極め、養鶏で生計を立てていくことにしたのだそうだ。息子さん(現社長)は、高校卒業後東京農大の畜産学科に進学し、家畜飼養学研究室でエサの勉強を専攻し、29歳の時に社長になったとのこと。

 卵は物価の優等生と言われ、安いのが良いとされているのに高くても、おいしさの違いのわかる質の良い卵を作ろうと思い、質にこだわった卵をつくったそうです。その彼の製品への情熱は、スーパーのツルヤに認められてツルヤさんの成長に合わせて大きくなってきたのですが、現状維持はできるけれどもこれ以上納品数を増やすことはできないとお断りしている状態。以前は営業をしていたにしいけれど、今はほとんどしてなく、先方が見つけてくれることが多いらしい。どうりで、ホームページがしょぼいと思った(失礼、褒め言葉ですよ社長!)。業務用も多く80社くらいと取引があるとのこと。


<にわとり食堂>
長野県佐久市桑山102−1ちゃたまや隣り
電話番号 0267-51-5810
営業時間 11:00〜16:00
定休日  いまのところなし
http://www.chatamaya.com/

posted by 風 at 06:35| 小諸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月18日

「KAFE」っていうカフェ

北軽井沢の超人気店。地元民がワンサカおしよせていた『ゆうゆう』が閉店になりました。で、かわりにできたのが「KAFE」っていうカフェ。スペルの間違い(CAFE)ではなくて、Kahve haneのショートバージョンらしく日本語でカフェという意味らしい。

IMG_3960.JPG

IMG_3990.JPG

IMG_3991.JPG

IMG_3992.JPG

IMG_4003.JPG

店内は、ゆうゆうさんの頃と変わっていません。
変わったのは、メニューですね。
ちょっとオシャレになっています。

IMG_3975.JPG

IMG_3968.JPG

IMG_3994.JPG

IMG_3995.JPG

IMG_3996.JPG

IMG_3998.JPG

https://www.facebook.com/pages/KAFE/1129993943683728?fref=ts
群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原鬼の泉水1486-100
0279-86-5088


営業時間
月: 10:00-17:00
木-金: 10:00-17:00
土-日: 8:00-17:00


平日[10:00〜17:00]
土日祝[8:00〜10:00]
休み →火・水曜日
夏休み期間は基本無

TEL 0279-86-5088
E-mail kafe.igrek@gmail.com



posted by 風 at 06:35| 北軽井沢 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。